2010年12月02日

クリスマストピックス・贈り物B



クリスマストピックス・贈り物B


 家族や自分の幸せのために、無難で平穏な人生のために「悪いことはしない」「できるだけ道徳的に生きる」「良いことをする」を実行しようとしている人は、たくさんいると思います。
 「自分のため」「家族のため」「友人のため」と言った個人的なものから、「共同体のため」「国家のため」「人類のため」「未来の子どもたち、地球のため」と、視野を広く取ったものまで、「良い行為」「正しい行為」「犠牲的行動」「寄付」「親切」などを一度も、実行しなかったという人は、いないのではないでしょうか。

 小学生でもお手伝いをして「ありがとう」と言われると、喜びます。中学生ともなると仲間と電車の中でふざけていても、からだの不自由な人やお年寄りが乗ってくると、さっと席をゆずります。
 
 良いことをしたいと願うのも、私たちのDNAに組み込まれているのです。でも、同時に、それは、私たちの性質の百パーセントではないのも、みんな知っています。

 マザー・テレサの活動は、世界中に知られていて、だれでも感動します。寄付をしたり、短い時間でも手伝いに出かけたりする人は後を絶ちません。ツアーといっしょになったボランティア活動もあるそうです。(知人がそのようなツアーで、現地に行き、お手伝いをしたそうです。)
 感動はしても、マザー・テレサのように、一生を貧民街で、極貧の人のために捧げるかどうかは、別の話です。まして、そのような生き方を強制されるのはごめんだと思う人も多いでしょう。

 私たちの良心や善意は、自分が思っているよりずっと、限定的なものではないでしょうか。




 
 
 人身御供という言葉を聞いたことがあるでしょうか。人柱はどうでしょう。

 昔、国や地域社会で、どうにもならないほど大きな祈願をするときに、動物や穀物などの供え物ではなく、人間を犠牲として捧げたという言い伝えや記録が、世界中にあります。
 何年も雨が降らない時の雨乞い、大きな城を築く時、何度も水が氾濫し、作っても作っても決壊する堤防を築くような土木工事の時、犠牲として人間を捧げたというのです。

 このような祭儀の底にあるのは、供物として、人間が他の動物や食物よりはるかに価値があるという考え方です。人間の命は、たとえ原始的な社会、人権感覚などない世界でも、とても大きな意味があった、その裏返しでもあるでしょう。
 
 


 
 聖書では、犠牲として人間を差し出すことを、禁じています。
 聖書が命令している十戒は、大きく二つに要約できます。
「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」(神への心からの真摯な信仰)と、「あなたの隣人を、あなた自身のように愛しなさい。」で、これを、完璧に行うために、たくさんの律法が記されています。
 同時に、どのように、神礼拝の儀式を完璧に行なっても、また、隣人のための義務をはたしても、やっぱり、完璧にはなれないのは、イスラエルの人たちもわかっていました。

 聖書時代(紀元前千五百年〜紀元一世紀)のイスラエルは、ダビデ王、ソロモン王が王であった一時代を除き、いつも、周辺の大国に蹂躙され、国家存亡の危機が続き、民族ごと捕囚や、強制移住の辛酸を味わわなければなりませんでした。

 このような苦しみ、不完全な世の中、不完全な自分たちのために、彼らは神礼拝をし、律法を守っていました。そして、そのような自分たちのために、神様はいつか、この世に救世主を送ってくださる。救世主が自分たちを救ってくださると信じていました。

 その救い主を、神様は人が思いもかけない方法で、思いもかけない姿で、送ってくださったのです。




posted by さとうまさこ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171500065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック